“水素水”を始めるにあたり、コスパを徹底研究!!(水素水サーバー&水素水生成器編)その1

thMEYMA8CV

”水素水”のことを調べれば調べるほど、コスパはもちろん、様々な問題や疑問

浮上してきました。

ここでは、基本的なことから個人的な意見など自分にとって何を取り入れるのが最善か?の、

アドバイスになればと思います。

水素水サーバーと水素水生成器の違い

水素水サーバーとは・・・

ここでは、

○宅配される水でつくるウォーターサーバー型水素水

—————————————————————–

○浄水を容器に入れ水素水を生成するタイプ(水素水生成器)

水素水サーバー(生成器)とします。

 

ウォーターサーバー

●ボトルが宅配され、冷水と温水が飲むことができる
●通常のウォーターサーバー+水素生成器が一緒になったもの
※水道水から直接サーバーにつなげるサーバータイプもありますが、ここでは水ボトル宅配タイプ
ウォーターサーバー型とします。

水素生成器型

必要な時に自分で水素水をつくって飲む
●水道水工事不要でコンセントがあれば、どこでもおける独立型
水をピッチャータンクに入れ、水素水をつくる生成器タイプ

様々な選択肢から自分にあったものを!

①まず、一番にコストの問題がでてきます。

  購入 or レンタル ??

—————————————————————————————————

②次に、水素水濃度の問題。

濃度はやはり大事になってきますが、高ければ高いほどいいのか?

=>身体に吸収される量には限度がある=0.4ppm

(低いよりものよりやはり高いもの方が効果を実感しやすくなる

—————————————————————————————————

 

③単身家庭なのか? 家族(何人?)で使用するのか?

=>初期費用、リッターあたりのコスパ、メンテナンス等々

—————————————————————————————————

④水素を発生させる元を研究

気体過飽和式・・・

飲み水とは別の場所で水素を発生させ、水に水素を溶け込ませるタイプ

水素発生器とは水が入るタンクが別になっている)

●水の性質を変えなくて済む

水素が抜けにくい

●直接電極に触れないため、金属イオン摂取のリスクがない

 

電極直接接触方式・・・

飲み水を電極版に直接触れさせ、電気分解した水素と飲み水を飲むタイプ

●水の性質をアルカリ性に変える

●電極板に不純物がついたときに、不純物も体内に取り込む場合がある

●水素濃度は気体過方式より低く抜けやすい。

次回は上記の点や口コミなど比較して、研究していきたいと思います!

 

 

 

 

コメントを残す