ガン治療にも望み!? ”水素水”

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

ガンは1976年から日本人の死因の第1位にとなっており、現在は年間30万人

以上の人がガンによってなくなっています。

このガンの対処法のひとつとして「水素」に注目が集まっています。

ここでは、このガンについて、どういう作用をもたらすのか?を調査していきたい

と思います。

ガンの原因は?

ガンになる原因は以下に述べるとおりですが、「遺伝」では?と思う方も

多いと思います。

しかし、実際遺伝によるガンの発生率は1%未満とも言われています。

ガンの原因のほとんどが、生活習慣ストレスによるものです。

生活習慣の悪化により、活性酸素が体内で増加して細胞をサビつかせています

ガン予防の12か条

1.たばこは吸わない

2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける

3.お酒はほどほどに

4.バランスのとれた食生活を

5.塩辛い食品は控えめに

6.野菜や果物は豊富に

7.適度に運動

8.適切な体重維持

9.ウィルスや細胞の感染予防と治療

10.定期的なガン検診を

11.身体の異常に気が付いたら、すぐに受診を

12.正しいガン情報でガンをしることから

(2011年国立がん研究センターより)

1~8は、すべて生活習慣によるものです。上記はガンの原因はほとんど生活習慣に

よるものだという裏付けとなります。

ガンは乱れた生活習慣によって、増加した悪玉活性酸素が原因なのです。

悪玉活性酸素は水素水で除去することができます

ガンの原因である悪玉活性酸素を除去できる水素水は、ガンの予防に効果的だと

言えるでしょう。

 

ガンの原因は活性酸素によるもの

ガンはストレス、たばこ、お酒、食事など生活習慣病による増加した活性酸素が

脳細胞と結びつくことで発症するケースが多くあります。

活性酸素は、体の細胞にダメージを与え非常に攻撃性の高い毒性のある酸素です。

このようにあらゆる細胞にダメージを与える のですが、とくに細胞と結びつきやすい

特徴があります。

日本人のガンの発症数は高く、ほとんどがストレスによるものだといわれています。

ストレスにより活性酸素が増加し、ガンになる可能性を高めてしまうのです

本当に”水素水”はガンに効果があるの?

水素水は万病に効果があると言われており、ガンも例外ではありません。

水素水は高い抗酸化作用があり、病気の原因と言われている活性酸素を

還元し、無害な水に変えることができます。

これには、水素分子の性質が関係してきます。 水素(H2)の酸素(O2)と結びつく

性質が悪玉活性酸素にも同じ反応をおこし、無害な水(H2O)として排出されます

 

水素の権威でもある太田教授の論文が「ネイチャーメディシン」に掲載されたことで、

医学的に高い信憑性も証明されまし。

水素とガン治療の副作用の関係

現在、ガン治療で使われる製剤には、さまざまな副作用があります。

例えば「シスプラチンという抗癌剤はガン細胞のDNA鎖と結合することで

DNAの複製を妨げガン細胞を死滅させる効果をもっていますが、反対に腎不全などの

肝機能に障害をもたらす副作用をもっています。

そして、水素にはこの肝臓機能障害を軽減する効果があります。

加えて、水素はシスプラチンの癌細胞を死滅させる機能には全く影響を与えないため

シスプラチンを投与しながら、同時に水素を活用するということが可能です。

ガン治療における水素

「ガンをこれ以上なるべく増やさない(転移の抑制)ため」や、ガン治療のメリットの軽減

という意味で、水素の有効性が示唆されています。

水素を使った治療、すなわち水素療法は、他の療法とも相性が良いと考えられ、他のガン治療

と組み合わせることによる、相乗効果が期待されます。

水素療法を試したい場合は、主治医に相談の上、専門のクリニックで水素療法を試すよう

にしてください。

まさに、水素はまさに”魔法の水”ですね!!

コメントを残す